論文集(博論・修論・卒論)

年度

論文題目
2012年度 博論 ♦ Development of an interactive framework for river basin data management and hydrological modeling
修論 ♦ 河川水温計算モデルの開発と水文環境分析への応用に関する研究
♦ 衛星画像・GISを用いた大河川実河道データ作成手法の検討とアジアの河川への適用
♦ 汚濁負荷分布を考慮した荒川・利根川流域における流域水資源量の評価
♦ 広域降雨流出氾濫モデルとその適用法の改良
卒論 ♦ 甲府盆地における地下水涵養量の推定
♦ 河川水の混合過程を考慮した降雨・流出解析
♦ ダム貯水池の水質予測のための統計モデルの開発
♦ GCM出力を利用した分布型水文モデルYHyMによる水収支変化予測の精度評価
♦ 降雨流出氾濫モデルの水理水文モデル構成システムへの移植
♦ 高解像度水文モデルを用いた日本の小水力発電ポテンシャルの推定とその評価
♦ ダム建設が河川流量の時間的変動に及ぼす影響の分析
2011年度
修論 ♦ 水災害補償制度の実現可能性に関する研究(Feasibility study on financial support)
卒論 ♦ 都市雨水利用に向けた屋根面SS推定手法の検討
♦ 農業排水路網の整備による塩害軽減効果の評価
♦ 甲府盆地における地下水賦存量の推定
♦ 高解像度水文モデルを用いた日本の小水力発電ポテンシャルの推定
♦ 土地利用変化を考慮したカトマンズ盆地の地下水涵養量の推定
2010年度 博論 ♦ Developing a framework for calibrating rainfall-runoff models using satellite observations of river hydraulic variables in large ungauged basins
♦ Development and assessment of a biosphere hydrological model considering vegetation dynamics under climate change at basin scale
修論 ♦ 受動型マイクロ波放射計の輝度温度偏波比を用いた河川流量推定手法の検討
卒論 ♦ ARを用いた水環境防災情報可視化システムの開発
♦ 衛星画像・GISを用いた大河川実河道データ作成手法の検討とアジアの河川への適用
♦ 荒川流域における河川水の水道水源としての利用適性に関する検討
♦ 超高解像度水文モデルを用いた山梨県における小水力発電の開発可能性の評価
♦ 広域降雨流出浸水予測モデルの水災害被害推定への適用可能性について
♦ 甲府盆地西部における地下水流動の推定
♦ 積雪水量推定モデルを用いた温暖化に伴う利根川上流域の積雪水量の変動予測
2009年度 修論 ♦ ICタグを用いた落葉移動・流出過程の観測とモデル化
卒論 ♦ ASTER G-DEMを用いた水文地形解析
♦ ALOS PRISMデータを用いた氾濫計算のための地表面状況の解析
♦ ダムが河川流況に与える影響の分析
♦ 山梨県における温暖化による降水の変化が物流に与える被害の将来予測
♦ 甲府における豪雨の長期的な変化傾向の把握と将来予測
♦ 透水性舗装による都市域での水災害軽減効果の評価
♦ 荒川上流域における水質と地形・地質・植生の関連性の検討
2008年度 修論 ♦ 日本の河川流域におけるダム群が流況・水質に与える影響の検討
卒論 ♦ ICタグを用いた森林渓流内での落葉移動観測
♦ VSW法による河川の浮遊土砂濃度推定の試み
♦ 全国一級水系の下流域における流量・水質の長期変化傾向
2007年度 博論 ♦ 個体識別技術を用いた森林から河川への落葉供給プロセスの解明
♦ Regionalization of Rainfall-runoff Model Parameters Using Their Posterior Probability Distribution
♦ An Integrated Study on the Spatial and Temporal Processes of Soil Erosion in the Yellow River Region Using a Distributed Model
修論 ♦ 日最高・最低気温及び 降水量データによる 全天日射量推定手法の改良
♦ 面積雨量推定における誤差要因の空間分布特性の解析
卒論 ♦ ICタグを用いた森林渓流における落葉追跡手法の検討
♦ 衛星画像による河川水面幅の抽出と流量推定
♦ 甲府市水源林における水収支及び樹種の長期変化予測
♦ 水文モデルを用いた砥川・東俣川及び横河川からの取水可能性の検討
♦ 中部地方の河川下流域における流量・水質及び魚種数の長期変化傾向
2006年度 博論 ♦ Modeling for the assessment of hydrological data uncertainty
 (水文データの不確実性評価のためのモデル化)
♦ Development and application of a distributed hydrological model in arid and semi-arid areas
 (乾燥・半乾燥地域における分布型水文モデルの開発と適用)
♦ Building "Snowmelt modeling for data poor basins
 (情報不足流域における融雪過程のモデル化)
修論 ♦ 現地観測データを用いた分布型流出モデルによる河道追跡計算の精度評価と改善
♦ 全球土壌水分プロジェクト2を利用した乾燥・半乾燥地流域の水循環に重要な要因の抽出
♦ 地球温暖化に伴う積雪変化解析のための陸面過程における積雪算定の妥当性に関する研究
♦ 衛星データと気候条件に基づく黄河流域の作物分布推定
♦ メコン河流域におけるダム開発・貯水池操作が流量・流況に与える影響
卒論 ♦ 東京における近年の短時間降雨量の特性解析
♦ 富士川におけるダム群が流況に及ぼす影響の検討
♦ 日本国内における少子高齢化に伴う仮想水消費量の変化
♦ 気象庁季節予報値を用いたメコン河流域の洪水災害予測可能性の検討
♦ 岡谷地域の水資源確保のための貯水池開発が砥川・東俣川の流況に与える影響の評価
2005年度 修論 ♦ サブグリッドスケールの分布特性を考慮した広域積雪情報のダウンスケーリング手法の開発
♦ モデル相互比較に基づく積雪モデルの選択基準に関する検討
♦ アジア地域の日単位降水観測データの誤差抽出手法の開発
♦ ブラインドテストによる観測不足地域の流出解析精度の評価
卒論 ♦ 個葉の移動特性解析に基づく河畔林からの落葉流出量推定の試み
♦ 日本の河川下流域における流況と魚類の種多様性の関係
♦ 降水情報を用いた地上日射量推定手法の精度向上の試み
♦ メコン川と日本の河川における被害発生を伴う洪水の再現期間の比較
♦ 中東地域における仮想水貿易を考慮した将来人口増加による食糧危機可能性の評価
♦ アジア・太平洋地域における洪水災害に対するマッデン・ジュリアン振動の影響評価
♦ 衛星・地理情報を用いた長野県の雪崩発生危険度の評価
♦ タリム盆地における氷河質量収支の長期変化と河川流出量との関係
2004年度 修論 ♦ 植生生態モデルを用いた東南アジア地域の植生量長期変化の検討
♦ GIS及び分布型流出モデルを用いた流域規模の汚濁物質動態の把握
♦ 衛星情報を用いた積雪モデルによるメコン・黄河上流域の積雪量変化の検討
♦ 衛星による大規模ダム貯水量の全球モニタリング
卒論 ♦ 山梨県のミネラルウォーターの生産実態に関するアンケート調査と解析
♦ 黄河及びメコンの0.1度グリッド実河道網の作成とグリッドスケールの違いによる流出解析への影響
♦ 乾燥・半乾燥流域の流出に関する陸面モデルの相互比較
♦ 地球温暖化に伴う陸域降水量の変化:CCSR/NIES AGCMアウトプットの解析
♦ 衛星を用いた黄河流域での農作物分布の推定方法に関する検討
♦ アジアにおけるダムデータベースの拡充とダム機能に関する基礎的解析
♦ シミュレーション誤差の分析による河口湖水位変動モデル改善の試み
♦ 気象要素の観測誤差が積雪量推定に与える影響に関する検討
♦ 瑞垣山試験地での観測に基づくメコン流域での森林伐採による蒸発散量への影響評価
2003年度 博論 ♦ 衛星による貯水量モニタリング手法の開発と流域水管理への応用
修論 ♦ 水文観測データ不足流域への分布型流出モデル適用に関する研究
♦ GIS解析による行政データを用いた河川流域の汚濁発生負荷量の推定
♦ 植物生態モデルを用いたアジアの短期的気象変動に対する植生応答に関する検討
♦ 広域地下水量の変化が流域の環境・水資源へ与える影響に関する検討
卒論 ♦ メコン川流域における土地利用変化が流出に及ぼす影響に関する検討
♦ GISと原単位法による全国の汚濁負荷量分布の推定
♦ 黄河流域における土砂流出の年々変動に関する検討
♦ 低解像度衛星画像を用いた積雪面積抽出手法の開発
♦ 積雪モデルによる黄河上流域の積雪量推定
♦ 流域水文特性の類似度に基づく流出モデルパラメータの推定
♦ GIS・気象情報による分布型流出モデルの初期条件・パラメータの推定
♦ モデルパラメータ同定期間の違いが流出量推定精度に及ぼす影響
♦ 衛星画像及び衛星高度計を用いたアフリカ大陸のダム・湖沼の貯水量推定
2002年度 博論 ♦ 広域地下水流動の解析手法に関する研究
修論 ♦ 衛星観測による積雪面積情報を用いた山地積雪量予測の試み
♦ 分布型流出モデルによる黄河及びメコン河の流出解析の試み
♦ 貯水池による滞留時間及び物質移動への影響の定量化に関する検討
♦ 積雪モデル及び衛星画像を用いた積雪水量推定手法の開発
卒論 ♦ 世界のダム貯水量の変遷に関する検討
♦ 植生域の蒸発散プロセスにおける樹種・気象要因の影響に関する検討
♦ 世界の河川流量の長期変化傾向及び地域・季節特性の検討
♦ 分布型流出モデルとGISを用いた富士川の汚濁負荷量分布の推定
♦ 気象観測データが不足する地域での積雪量推定の可能性について
♦ 大規模ダムの建設が流域水循環に与える影響に関する検討
♦ 2層モデルを用いた湖沼水質のシミュレーション
♦ 分布型流出モデルを用いたメコン河流域の長期流出解析
♦ MOPEXデータを用いた流域特性と水文モデルパラメータの関連性の検討
♦ USLE法による黄河流域の土砂生産量の推定
2001年度 修論 ♦ 日本及び東南アジア地域における水文量の長期的変化傾向と短期的変動特性に関する検討
♦ 補完法による実蒸発散量の推定とその地域分布に関する考察
卒論 ♦ 数値標高データを用いた惑星の水文地形解析
♦ 東南アジア・太平洋地域におけるSOIと水文量の関係について
♦ 日本における降水量観測誤差の補正に関する検討
♦ 合成開口レーダ画像および数値地形情報を用いた大規模ダムの貯水量推定
♦ 世界のダムデータ及び地形モデルを用いた貯水池形状に関する考察
♦ ダムによる河川水の滞留が貯水池・流域環境に及ぼす影響に関する検討
♦ 日本における降水量・河川流量の長期的変化傾向の把握とその要因に関する検討
♦ 河川の水質・水理条件が魚類生息形態に与える影響に関する基礎的研究
♦ 河川水辺の国勢調査データを用いた全国の魚類分布に関する水文学的検討
♦ 富士北麓における水循環と湖水環境のマネジメントに関する検討
♦ 分布型流出モデルの解析結果に与える降水量の空間解像度の影響について
♦ 補完法による蒸発散量分布推定のための基礎的研究 ―空間・時間スケールの効果に関する考察―
♦ 補完法による蒸発散量分布推定のための基礎的研究 ―パラメータの地域特性に関する考察―
2000年度 博論 ♦ DEVELOPMENT OF A DISTRIBUTED HYDROLOGICAL MODEL FOR LARGE RIVER BASINS AND ITS APPLICATION TO SOUTH-EAST ASIAN RIVERS
(大流域の分布型水文シミュレーションモデルの構築と東南アジア諸河川への適用)
修論 ♦ 富士北麓流域の流出機構に関する研究
♦ Examination of the Applicability of the USLE Method for Estimating Sediment Production in Japan and Asian Pacific Region
♦ 衛星・地理情報を用いた貯水量評価に関する研究
卒論 ♦ NOAA/AVHRR画像を用いた山梨県における積雪量の推定
♦ チベット高原における蒸発散量の分布特性に関する検討
♦ 衛星観測降水量の相互比較及び検証に関する研究
♦ ダム建設にともなう広域水循環の変化に関する検討
♦ 山中湖及び河口湖の水位変動に関する研究
♦ 富士川、狩野川における魚類棲息分布の比較
♦ 降雪・融雪モデルを用いた富士山の積雪量推定の試み
♦ 日本における降水・流出量の長期変動に関する検討
♦ NOAA/AVHRR画像を用いた地被別アルベドの季節変化の抽出
1999年度 修論 ♦ 衛星レーダおよび地上レーダによる降雨観測の相互比較に関する研究
卒論 ♦ 相模川におけるGIS及び衛星情報を用いた植生変化が流出に与える影響の検討
♦ アジア・太平洋地域の水文データベースの構築とエルニーニョの影響評価  ―ブランタス河におけるエルニーニョと水文現象の関係―
♦ アジア・太平洋地域の水文データベースの構築とエルニーニョの影響評価  ―近年の洪水とエルニーニョの関連について―
♦ 数値標高データを用いた、広域水資源量評価のための地形特性解析
♦ Advection-Aridity Approachに基づく広域蒸発散量推定の試み
♦ 地上降雨データ及びGMS/IRを用いたTRMM/PR観測降雨量の検証と誤差特性解析
♦ 土壌水分量の時空間分布が蒸発散推定に与える影響に関する基礎的研究
♦ 那珂川を対象とした分布型流出モデルにおける河道粗度パラメータの影響に関する検討
♦ 富士山明見流域における流出量の長期変動及び流出過程に関する検討  ―明見流出量に与える山中湖、河口湖放流量の影響について―
♦ 富士山明見流域における流出量の長期変動及び流出過程に関する検討  ―流域地下水量の長期変動に関する検討―
♦ 分布型流出モデルを用いたブランタス川でのダム建設が流出特性に与える影響評価
1998年度 修論 ♦ 擬河道網作成の自動化に関する研究
卒論 ♦ 山中湖、河口湖および桂川上流域における降水・流出特性に関する研究 ―タンクモデルによる流出解析―
♦ 山中湖、河口湖および桂川上流域における降水・流出特性に関する研究 ―流域水収支に関する検討―
♦ GMS観測による雲型および雲頂温度の時間変化と地上降雨量の関係について
♦ ランドサットTM画像を用いた富士川上流域の土地被覆と水文環境の対応に関する検討
♦ 分布型流出モデルを用いた相模川流域の降雨・流出シミュレーション 
♦ 降雨域の目視追跡による降雨分布に与える地形影響の評価
♦ 甲府の気象観測データに基づく住宅の熱収支解析
♦ 数値標高データを用いた貯水池容量の計算手法の開発と適用例

PDF、スライドの格納庫(学内限定)

ホームへ戻る