Research of HydroLab


水の研究を通じて社会に貢献する(しようと思っている)市川温
(山梨大学環境制御研究室)のwebサイトです

Current Work



現在(2011年度)の研究テーマは、

  • 甲府盆地の地下水賦存量の推定(卒業研究)
  • 中央アジアにおける塩害軽減対策の費用便益評価(卒業研究)
  • 水災害補償制度の実現可能性に関する研究(修士論文)
  • 水災害危険度に基づく流域管理的対策に関する研究(修士論文)
  • 甲府盆地の陸水動態に関する研究(修士論文)
  • 水文気象データベース構築システムの開発(博士論文)

などです。

Current Projects



現在関係しているプロジェクトには、

などがあります。

Recent Publications


  • Y. Ichikawa: Basin Scale Runoff, Introduction to River Basin Environment Assessment under Climate Change - The Textbook for Twenty-first IHP Traning Course in 2011 -, 21-32, 2011.
  • An, H., Y. Ichikawa, Y. Tachikawa, and M. Shiiba: A new Iterative Alternating Direction Implicit (IADI) algorithm for multi-dimensional saturated–unsaturated flow, Journal of Hydrology, 408, 127–139, doi:10.1016/j.jhydrol.2011.07.030, 2011.
  • An, H., Y. Ichikawa, Y. Tachikawa, and M. Shiiba: Three-dimensional finite-difference saturated-unsaturated flow modeling with non-orthogonal grids, using a coordinate transformation method, Water Resour. Res., doi:10.1029/2009WR009024, 2010.
  • Van Ty, Tran , Sunada, Kengo , Ichikawa, Yutaka and Oishi, Satoru: Evaluation of the state of water resources using Modified Water Poverty Index: a case study in the Srepok River basin, Vietnam - Cambodia, International Journal of River Basin Management, 8: 3, 305-317, DOI: 10.1080/15715124.2010.523004, 2010.
  • 寺本雅子・市川温・立川康人・椎葉充晴:水災害危険度に基づく土地利用規制の費用便益評価 - 世帯所得の分布を考慮して -, 土木学会論文集 B, 66, 2, 119-129, 2010.
  • 寺本雅子・市川温・立川康人・椎葉充晴:水災害危険度に基づく土地利用規制の適用性に関する分析, 土木学会論文集 B, 66, 2, 130-144, 2010.
  • 市川温・寺本雅子・沼間雄介・西澤諒亮・立川康人・椎葉充晴:水災害危険度に基づく建築規制の費用便益評価と土地利用規制との比較, 土木学会論文集 B, 66, 2, 145-156, 2010.
  • Hyunuk An, Yutaka Ichikawa, Kazuaki Yorozu, Yasuto Tachikawa and Michiharu Shiiba: VALIDITY ASSESSMENT OF INTEGRATED KINEMATIC WAVE EQUATIONS FOR HILLSLOPE RAINFALL-RUNOFF MODELING, 水工学論文集, 54, 505-510, 2010.
  • 椎葉充晴・永田卓也・立川康人・萬和明・市川温:非線形集中型モデルと降雨の逆推定による流出予測手法の開発, 水工学論文集, 54, 529-534, 2010.